AGA無料相談のランキングサイト

AGAは男性型脱毛症のことであり、Androgenetic Alopeciaの略です。男性型脱毛症という名前からも分かる通り、男性ホルモンが密接に関係しており男性の薄毛の多くがこのAGAが原因です。放っておくとAGAは進行してしまいます。

 

男性の薄毛と男性ホルモンの間には、深い関わりがあります。しかし、AGAは男性ホルモンの増加そのものが原因になるわけではなく、男性ホルモン(テストステロン)が薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変化してしまうことで進行します。つまり、男性ホルモンの量によってではなく、男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されてしまう事が薄毛の原因なのです。

 

では、なぜ男性ホルモンは脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変わってしまうのでしょうか。それには5αリダクターゼと呼ばれる酵素が関係しており、これは毛根近くの皮脂腺から分泌されます。この5αリダクターゼという酵素の成分に、男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまう働きがあるのです。

 

つまり、5αリダクターゼと男性ホルモンが関わり変化することでAGAは進行してしまうのです。よってAGAの対策の基本はジヒドロテストステロン(DHT)を生み出してしまう5αリダクターゼを制御することです。

 

また髪も体の一部ですので、不規則な生活をすると弱ってしまいます。それが原因でAGAによる薄毛の進行を早めたり、ホルモンバランスの乱れを引き起こしAGAに影響すると考えられます。