AGA無料相談のランキングサイト

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
男性(特に若い方)に見られることが多い脱毛タイプで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があり、早い人では10代で症状が現れるケースもあります。AGAは遺伝や男性ホルモンが大きく関係していると言われています。 その他にも、加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっているとされています。

 

AGAはだんだん額が後退してきたり、頭頂部が薄くなるなど抜け毛・うす毛の症状が起こってくるのが特徴です。そのようにうす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は育つ可能性がありますので決してあきらめる必要はありません。このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。

 

これらの症状を早期発見し、いま以上の進行や新たな発症を抑えたり、早期治療を行うことで育毛へ導くのがAGA治療です。回復パターンは人によってさまざまですので、様子を見ながら一人ひとりに合った治療を行っています。

 

AGAの人は全国で約1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。