AGA無料相談のランキングサイト

AGA治療薬は様々なものがあります。その中でも有効な飲み薬としてプロペシアがとても有名です。どこの病院に行ってもAGA治療にはプロペシアの使用が検討されると思います。プロペシアはアメリカ、メルク社の子会社である万有製薬会社が近年日本で発売を開始した薬です。

 

プロペシアは発毛・育毛を促す薬ではなくAGAの原因ともいえる強力な男性ホルモンジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが短くなった髪の毛を通常のヘアサイクルに戻し抜け毛を予防する治療薬ともいえます。通常のヘアサイクルになることにより髪の毛が抜けにくく太いものになるため、全体のボリュームが増えることになります。

 

プロペシアは男性ホルモンを抑制して抜毛を減らすAGAに最も効果的な治療薬とされています。しかし、服用を始めてから1〜2ヶ月間程度服用前以上に抜毛の本数が増える初期脱毛が起きることがあります。これは、健全な髪の毛が抜け落ちているのではなく、抜け落ちて当然の髪の毛が抜け落ちているので悪化しているわけではありません。その後生えてくる髪の毛は抜けにくいものに変わってきます。つまりプロペシアの初期脱毛は、薬が効いている証拠といえます。

 

ただし、この初期脱毛には個人差があり全く初期脱毛を感じられない人もいます。初期脱毛が感じられないから薬が効いていない訳ではないので安心してください。治療は続けることが大切で、プロペシアの効果が実感できるまでは約半年ほど必要となります。