AGA無料相談のランキングサイト

タバコが人体に悪いという事実は、誰もが知っている情報だと思います。タバコは人体に悪いだけでなく、毛髪にも悪影響を及ぼしてしまいます。近年の研究によりタバコはAGAに悪影響があると判明しつつあります。毛髪のためだけでなくタバコは健康面でも悪影響を及ぼすので、AGA治療を行なう一環で禁煙にも取り組むといいでしょう。

 

タバコには含まれるニコチンは体内で吸収され、血液を通り最終的に尿として排出されます。しかし、血液に入ったニコチンは血行を悪くし血管を細くしてしまう作用がありますので、酸素や栄養を頭皮まで届けにくくしてしまいます。

 

タバコは燃焼すると一酸化炭素が発生し、この一酸化炭素は赤血球内のヘモグロビンと結びつく作用があります。一酸化炭素とヘモグロビンが結びついてしまうと、血中の酸素を運ぶ役割に滞りがでてしまい、酸欠に陥った状態になってしまうのです。
髪の毛を育てる栄養素は血液を通して、毛を作り出す毛母細胞に送られますが、血液の循環が悪くなるということは、髪の毛に新鮮な酸素と栄養を送ることができなくなってしまいます。この状態では、いくら毛髪に必要な栄養素を摂取したとしても、毛母細胞まで十分に行き届かなくなるわけです。

 

また、あまり知られていないですがストレスもAGAの原因の一つなのです。ストレスが原因で起こる脱毛といえば思い浮かぶのは円形脱毛症や休止期脱毛だと思いますが、これらの脱毛はAGAとは異なります。ですがAGAもストレスが原因となることがあります。